精神科・心療内科・内科・ものわすれ外来・カウンセリング「いちメンタルクリニック桜川」大阪市営地下鉄・阪神電車「桜川」駅 7番出口すぐ

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

● 境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)について

どんな病気?

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)とは?

人間は成長していく中で、「十人十色」といわれるような様々な個性を獲得しながら発達を続けていきます。前向き・陽気・几帳面・怒りっぽい・神経質・おおらか・飽きっぽいなど、性格を表す言葉は数え上げればキリがありません。
誰もが様々な性格をもっている中で、中にはその一部分が極端に偏ったようになり、社会生活を送る上で自分も他人も苦しませてしまうようになる人がいます。
こうした人々のことを精神医学の分野では「パーソナリティ・ディスオーダー」と呼ぶようになり、日本では「人格障害」と呼ばれるようになりました。
なかでも、気分の波が激しく感情が極めて不安定で、良い・悪いなどを両極端に判定したり、強いイライラ感が抑えきれなくなったりする症状をもつ人は「境界性人格障害」に分類されます。近年では「境界性パーソナリティ障害」とも呼ばれています。
「境界性」という言葉は、「神経症」と「統合失調症」という2つの心の病気の境界にある症状を示すことに由来します。
例えば、「強いイライラ感」は神経症的な症状で、「現実が冷静に認識できない」という症状は統合失調症的ものです。境界性人格障害は人口の約2%に見られ、若い女性に多いといわれています。

▲ページ内TOPに戻る
特徴

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の特徴

よく見られる症状として、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 現実または妄想で、人に見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている。
  • 対人関係の変動が激しく、コミュニケーションが安定しない。
  • 気分や感情がめまぐるしく変わり、周囲の人々がついてこられない。
  • 感情のブレーキが効かず、ちょっとしたことで癇癪(かんしゃく)を起こしたり、激しく怒り、傷つきやすい。
  • 自殺のそぶりや自傷行為を繰り返し、周囲に動揺を与える。
  • 自己を損なう行為(薬物・アルコール・セックス・万引き・過食・買い物など)に依存しやすくなる。
  • いつも空虚な気持ちを抱き、幸せを感じにくい。
  • 生きることに対して辛さや違和感を持ち、自分が何者であるかわからない感覚を抱いている。
  • 強いストレスがかかったとき、一時的に記憶がなくなり、精神病状態に似た症状を起こしやすい。
▲ページ内TOPに戻る
発症する原因

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)とは?

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)が発症してしまう原因はいくつかあります。
人によって原因は違いますし、家庭環境や生活習慣などでも変わってくるのですが、主な原因として先天的な要素である脳の脆弱であったり、幼いときから人よりも不安を抱きやすい、メンタルが弱い、集団生活に馴染めずいつの間にか発症してしまったということなども原因としてあります。
また「遺伝」も要因としてあり、もともと境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)になりやすい性格傾向をもって生まれてくる人もいます。

「環境」について少し詳しくお話すると、まず、幼い時期は母親との愛情関係を築くのに重要な時期であることは言うまでもありませんが、仮に安定的な関係が築けない場合、その後の自己の確立や感情のコントロールに大きく影響を及ぼし、人格形成に関わることが解明されてきています。子どもが成長してもなお、母親離れ・子離れがうまくできず、親子ともに依存している状態(共依存)にある人や、成長の課程で親が子供を褒めたり認めたりせず、欠点ばかり指摘して子供を否定し続け、子どもが親の価値観に合わせ過ぎた「真面目な優等生」で育ってしまった場合など、本人の自己否定感が強くなり、幸せを感じることができにくくなっている人も発症しやすいでしょう。
このように、遺伝的な要因をもった人が、育った環境によって境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)を引き起こすことが多いようです。

他の原因としては、クラスメイトなどから無視されたり、恋人などからDVや言葉の暴力を受けたことによるトラウマやフラッシュバックによって起こってしまったり、自分自身の理想から遠く離れた現実に直面したことによる悲壮感などが原因により、境界性人格障害になる可能性もあります。
基本的には原因不明とされている境界性人格障害なので、様々な原因が重なって境界性人格障害を発症してしまった可能性が考えられます。

境界性人格障害を発症してしまった人は、メンタルに問題がある場合がほとんどなので、イジメであったり、ちょっとしたショックを受けて悪化してしまうことも決して珍しくはないでしょう。

▲ページ内TOPに戻る
治療法

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の治療法

主な治療法は2つです。
「気分の落ち込み・強い不安感・怒りの感情・冷静でいられない」などの症状に対しては、抗うつ剤や抗不安薬などの薬を用いて治療します。並行して、精神科医や臨床心理士によるカウンセリングや行動療法で根気よく治療して行きます。
双方において、一番大事なことは、本人の「治りたい・治したい」という気持ちです。
治療では、過去のつらい出来事やできれば知らぬふりをしたい事ともきちんと向き合わなければいけません。
また、治療期間も人によっては長期にわたることもあります。境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の特徴である、対人関係の不安定さは医師や心理士との間にも起こると考えられますが、医師や心理士を信頼し、「治りたい・治したい」気持ちを忘れずに長い目で治療に取り組みましょう。

▲ページ内TOPに戻る
関わり方

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)をもつ人への関わり方

上記までにご説明したように、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)をもつ人は常に不安や恐怖を抱えています。周囲の人々を振り回し、疲れさせ、関わりを遠ざけてしまうようなことを繰り返すのも、自己表現のひとつであり周囲の人々に対する「試し」であることがほとんどです。
彼らがなぜそのような言動を起こすのか、冷静に見つめる必要があります。
彼らを変えようとするのではなく、まずは受け入れ、理解し、感情的に否定せず、冷静に対処していくうちに解決の糸口が見つかる可能性があります。
また、彼らとの関わりを一人で抱え込まず、専門家などに相談することも重要です。受け入れようとするあまり、振り回されて疲れ切ってしまわないよう、必要以上に彼らの要望に応えたりせず、自分に無理のない範囲にとどめておくこともポイントです。時には物理的に距離を置くこともよいでしょう。

▲ページ内TOPに戻る

診療時間

担当医表はこちら

診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:30~19:00

休診日土曜午後、日曜、祝日

水曜午後の診療は 16:00~18:00 となっております。

クリニックのご案内

いちメンタルクリニック桜川

〒556-0022 大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーション桜川ビル3F

TEL.06-6585-9280

大阪メトロ「桜川」駅
7番出口すぐ

阪神電車「桜川」駅
地下3番出口(ロイヤルホスト)から徒歩3分

JR「難波」駅から
徒歩約6分

大阪市バス
系統29・60・71・108「幸町1丁目西」より
下車すぐ

  • いちメンタルクリニック
  • いちメンタルクリニック日本橋
  • いちメンタルクリニックデイケア
PAGETOP
■いちメンタルクリニック桜川 大阪メトロ千日前線「桜川駅」7番出口上がって目の前。阪神電車「桜川駅」地下3番出口から徒歩3分。大阪・桜川の心療内科、精神科の病院『いちメンタルクリニック桜川』です。境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)、うつ病、ADHD(発達障害)、双極性障害(躁うつ病)、不眠症、パニック障害、認知症(ものわすれ)、全般性不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害、統合失調症、摂食障害、心身症、自律神経失調症、適応障害、社会不安障害、各種お薬のご相談など、医師が患者様に寄り添い、一人ひとりの症状に合わせた丁寧な診察を心掛けています。
ADHD(発達障害)、家庭内暴力、不登校や引きこもりなどの児童・思春期の専門外来や、女性医師による女性専門外来を設けております。男性医師には相談しにくい、月経周期に伴う気分の変動、落ち込みやイライラ、更年期障害による精神的なお悩み、身体の不調など、女性特有のお悩みもお気軽にご相談下さい。
患者様の症状の快方へと導く治療法として、東洋医学に基づいた漢方を治療に取り入れています。
さらに、医師の指示のもと児童・思春期に特化した精神科デイケアでは、自信の回復、コミュニケーションの練習、心のリハビリテーションなどを行っています。
こころの病、身体の病に関わらず、やはり早期発見、早期治療が大原則です。決して自分ひとりでは悩まれずに、一度わたしたちにご相談ください。
Copyright © 2022 いちメンタルクリニック桜川 All Rights Reserved.